オンライン英会話体験記|私の口コミと評判

パソコンでオンライン英会話ができるイングリッシュチャンネルの体験記ブログです。安いし自宅でできるオンライン英会話は何かと忙しい私にピッタリ!私の口コミを参考にしてください。

オンライン英会話の感想と体験記 イングリッシュチャンネルの口コミ

イングリッシュチャンネルの2つのレッスン内容

イングリッシュチャンネルにはさまざまな形態のコースがあります。
・ラジオ英会話をテキストとしたもの
・TOEIC対策
・旅行英会話
・時事英会話
・発音の特訓
など。

私はまだ、こういう特化したレッスンはまだ未経験なのですが、普通のレッスンでは2つの種類があります。

ひとつは文法問題を中心として、先生の質問に答えるタイプの授業
もうひとつはテキストの題材をネタにした、ディスカッション中心の授業

前者の授業は、まだイングリッシュチャンネルに慣れていない人や、英語の文法に自信のない人にお勧めだと思います。
たとえば生徒が4人いたら、ローテーションで自分の答える問題が回ってきますので、心の準備ができます(笑)。
ローテーションは規則的です。
急に順番を変える、というサプライズは多分ありません。

でも、私が好きなのは後者のレッスン。
もっとも、ディスカッション中心とはいっても、先生がリードしてくれて、「あなたはどう思いますか?」という感じの質問を生徒に順番に回してくれるのですが。

"How do you think...?"
という質問なんか、誰かが答えている間に頭をフル回転させて考えているので・・・
他の生徒の答えをほとんど聞いていません(笑)!

う〜ん、ここで余裕ができれば、もう少しイングリッシュチャンネルを楽しめるのですが・・・


とまあ、こういう感じでオンライン英会話を続けています。
とっても楽しいですよ!
オンライン英会話教室の詳細はこちらをご覧くださいね!

やっぱり初心者向けですよね!

イングリッシュチャンネルの予約の時に気づいたのですが、初心者向けコースが比較的多いように思います。
インターネットで他の口コミなども見てみましたが、やはりイングリッシュチャンネルはオンライン英会話の中でも比較的初心者対象のようです。
他のオンライン英会話では、生徒が日本人以外という場合もありますが、イングリッシュチャンネルは、私の知る限り日本人だけです。
ただ、全員が日本に住んでいるというわけではありません。
海外在住の日本人がレッスンに参加している場合もあります。

一方、イングリッシュチャンネルと人気を二分するオンライン英会話であるイングリッシュタウンですが、こちらは私は参加したことはありませんが、世界中の非ネイティブが英語のスキルを高めるために参加しているそうです。
しかし、その分レベルが高く、初心者には敷居が高いようです。

また、日本人の初心者がいきなり参加すると、自己主張の強い外国人参加者に圧倒されて、ほとんど発言できないということもあるかもしれません。

その点、イングリッシュチャンネルでは、英会話講師は全員が十分発言できるように配慮してくれています。
この点は初心者には非常にうれしい点だと思います。

私はどちらかといえばずうずうしいほうなので(笑)あまり気になりませんが、掲示板を読むと、
「初心者でいつもドキドキしています」
「ちゃんとはなせるかどうか毎回不安です」
という方も少なくないので、
ちゃんと初心者に配慮してくれるという点で、初めてのオンライン英会話としては、私はイングリッシュチャンネルをおすすめします。

とまあ、こういう感じでオンライン英会話を続けています。
とっても楽しいですよ!
オンライン英会話教室の詳細はこちらをご覧くださいね!

初心者向け英会話コースなのに・・・

今日の英会話レッスンは初心者クラスのはずなのにえらくハイレベル。
先生、しゃべるの速いorz
生徒も中級者の人がいました。

まあ、それも練習のうちですし、必ずしも自分の都合の良い時間に自分のレベルにあったクラスがあるとは限らないので(大抵はあるのですが)、その辺は柔軟性を持って参加した方がよいかと。

ところで、今日の英会話レッスンのテーマは「フィリピンの復活祭(Holy Week/イースター)」について。

フィリピンでは復活祭で一週間休日なのですが、日本のゴールデンウィークとは全く違い、キリスト教(とくにカトリック)の宗教行事が目白押し。

以下、フィリピンの復活祭についてのメモ。
英会話レッスンの中で得た知識なので、間違いもあるかもしれません。
あまり信用しないでね(^^)

・フィリピンではカトリックとプロテスタントの信者の割合は60%:40%。

・プロテスタントでは聖母マリアを崇拝しない。

・Holy weekの最初は"ash wednesday"で始まる。しかしこれはカトリックだけ

・ここからが復活祭の本番。まず"palm sunday"、次に"holy monday""holy tuesday""holy wednesday"と続いて"maundy thursday"

・次にイエス=キリストが捕らえられたという"good friday"。何で"bad holiday"ではないの?(13日の金曜日なんていうもんね)と質問したら「自分が犠牲になることで世界が救われる、とイエス=キリストが考えたから」だそうです。どこまでもポジティブだ。

・次に"black saturday"。この日がイエス=キリストが亡くなった日。

・最後は"easter sunday"。イエス=キリストが復活した日。いわゆるイースター。

・フィリピンでは花粉症はほとんどない。あっても春先ではなく、10月くらいだそうだ。アレルゲンは先生はよく知りません。季節の変化かも?って言ってました。

何で花粉症の話が?
それは私が質問したからです。

ここまで約1ヶ月半、イングリッシュチャンネルをやってきて、ちょっとは英語を話すのに慣れてきた。
これからもイングリッシュチャンネルを続けていこう。

とまあ、こういう感じでオンライン英会話を続けています。
とっても楽しいですよ!
オンライン英会話教室の詳細はこちらをご覧くださいね!

速いが滑舌の良い英語

日本人でも滑舌のよい人と悪い人がいるが、オンラインイングリッシュもやはり2タイプに分かれる。
当然プロとしてオンライン英会話講師をやっているのだから、基本的に滑舌は皆良いに違いない。
しかし、ネット英会話と言う特殊な環境であることと、こちらが英語にまだまだ慣れていないということからも、アナウンサー並みの滑舌の良い先生に当たれば大変ありがたい。
そういう意味で、今日の英会話講師はしゃべるスピードが速かったのですが、発音がクリアで、非常に英語が聞き取りやすかったです。

スカイプでなく、ネット会議のシステムを利用していることで、音声がクリアだと評判のオンラインイングリッシュですが、それでも個人差と言うのはあります。

で、今日の英会話レッスンの内容は、「back」の使い方です。
文字通り「お腹」の反対の「背中」の意味から、
「人のいないところ」とか
「get off your back」で「放っておく」
「deserve a pat on the back」で「祝福する」(ホームランを打ったときなどを想像してください)
など、15種類の表現・慣用表現を勉強するはずでした。

が・・・

いろいろ話が展開しすぎて、結局4つの例文だけ。
ということで、「質問があれば後でメールしてね」と。

質問があれば後でメールできる点も、アフターフォローが優れている点で、いい評判につながっているのかもしれませんね。

ところで、
「deserve a pat on the back」(背中をポンと叩く)ではなく
「deserve a pat on the shoulder」 (肩をポンと叩く)ではどういう意味になるのか、レッスン中に質問しました。

日本では「肩たたき」は「lay off」(解雇)ですよね?
でも、英語ではこの2つは同じニュアンスなのだそうです。

英語では「肩たたき」といっても日本語の意味では通用しないそうです。
面白いですね。

とまあ、こういう感じでオンライン英会話を続けています。
とっても楽しいですよ!
オンライン英会話教室の詳細はこちらをご覧くださいね!

海外旅行での下痢・食中毒の予防に

今日のイングリッシュチャンネルは初めて自宅から。
(いつもは昼休みや仕事の後にしています)

ところが・・

あれ?

何で?

上手くつながらない。

FAQなどを見ながら気づいたのが、ウイルス対策ソフトを使っているとうまくつながらないことがあるらしい。

私は「ウイルスセキュリティZERO」を使っているのだが、ファイアーウォールを開放すれば通話できたので、もし同じように接続できないでで困っている人がいれば参考にしてください。

さて、今日の英会話レッスンの内容はtraveler's diarrheaについて。
発展途上国に旅行したときは、旅行中の下痢や食中毒を予防するために
・水道の水を飲まずにミネラルウォーターを飲め
・歯磨きやうがいも水道水はNG
・氷の入った飲み物を飲まない
・サラダや皮の薄い果物を生で食べない
・レストランの衛生状態に注意
・ブッフェを食べない
・非常食を日本から持っていく

という、どこかで聞いたことのある注意点で、それ自体は新しいことではなかったのですが・・・
今日の先生は昼間は大学の薬学部の講師(?)らしい。

ということでこのテキストをチョイスしたのかね。

最後の質問タイムでは、
「薬剤師として旅行中の下痢を予防するために何かアドバイスを下さい」
と質問したら、いろいろ回答してくれましたが、要するに
「予防に勝るものはない。下痢になってから治療するのではなく、下痢にならないように気をつけましょう」
とのこと。
因みに、旅行中の下痢は水の中のバクテリアなどが原因なのだそうです。

ついでにもう一つ。
「薬は現地で買うほうが良いのか、日本から持っていくほうが良いのかどっちですか?」
と質問したところ
「同じ薬なら万国共通で、どこで買っても内容は一緒です。ただ、日本で買うほうが分かりやすいから現地で買うよりも日本から持ってきたほうがいいでしょう」
多分こういう回答。(そう理解しました)

なるほど。
薬って、その国の人種に合わせたものだと思っていたのですが、
同じ薬なら万国共通なのですね。
専門家の言うことだから間違いなし。

テキストに沿って英語を音読して質問の答えるというのも英会話レッスンではあるのですが、
質問したり自分の意見を述べたりすることで、より英会話レッスンが効果的になると思います。
これからもどんどん積極的に英語で質問していこう。

とまあ、こういう感じでオンライン英会話を続けています。
とっても楽しいですよ!
オンライン英会話教室の詳細はこちらをご覧くださいね!

 | HOME |  »

Calendar

06 | 2017-07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

koj

koj

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks